名古屋渋ビル研究会

記事一覧(108)

渋ビル手帖 第3号のご案内

7月頃からこつこつと作成を進めていた渋ビル手帖の最新号を無事に入稿しました!創刊準備号から数えて通算6冊目となる、その名も「第3号」です!今回は猛烈な勢いで近代化が進む名古屋駅エリアを特集しました。建て替えられて無くなってしまった渋ビルもたくさんあります。過去には戻れないけど、せめて「今」の風景を残しておきたい。そんな思いを込めました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
名古屋渋ビル手帖 「第3号」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
地味だけど味わい深い「渋ビル」への想いを存分に詰め込んだ小冊子「名古屋渋ビル手帖」。第3号は名駅特集。急速に近代化が進む名駅エリアにて、絶滅が危惧される渋ビルたちを総力特集します。 ★主なコンテンツ・プロローグ「渋ビルと建築のリレー」 ・総力特集・名駅エリアの渋ビルたち ・温もりのビルパイ ・コラム「ないモノなんて作ればいい」 (ゲスト:堀江浩彰氏)・ビルの宝箱・号外「内部の螺旋」「屋上の突起」・保存版★名駅おでかけMAPコラム執筆は「屋上とそらfree」発行人・編集長・屋上写真家の堀江浩彰さん。屋上の魅力を分かち合いたいという思いから、自ら素敵な屋上を作ることに。屋上に対するパッションがほとばしる、鼻息荒めのコラム。判型:B6 ページ数:24P発行日:2017年10月15日価格:500円 ★先行販売のご案内★10/7-8開催のソーシャルタワーマーケットと10/14のブクマ古本市にて先行販売します。 お取り扱い店にも順次納品予定です。オンラインショップには10/15以降に掲載予定です。どうぞお楽しみに!

栄・丸善本の路地裏横丁(ほん×ろじ)に出店します

丸善の店長様にお誘いいただき、なにやらとても素敵な本のイベントに参加することになりました。ブックマーク名古屋の関連イベントです。「栄・丸善 本の路地裏横丁(ほん×ろじ)~本の産直市@名古屋2017」丸善名古屋本店の裏手の路地にて、地元を含む約25の出版社が自慢の本を押し売り!アート、歴史、哲学などなど多様な本が並びます。☆「わたしたちが作りました!@本の産直市in名古屋」 全国の出版社と愛知県の地元出版社あわせて20社以上による、
自社書籍の販売を、丸善名古屋本店の側道路地(ろじ)にて行ないます。
本の制作と営業を務める出版人が、自ら自社商品を販売するという、いわば本の産直市です。
作り手と読者の互いの顔が見えるなかで、選りすぐりの自信作を「押し売り」します。
著者や編集者によるクロストークも。謝恩価格本の出品もあります。乞う、ご期待!
(協力:本の産直市実行委員会) ☆路地で繋がる、隣の飲食店街とコラボ! 作家が愛したフードやドリンクを、期間中「文藝仕様」にして頂けます。
「梶井基次郎サワー」=代表作『檸檬』から、レモンサワー
「山之口獏が愛した泡盛」「池波正太郎が愛したポテトサラダ」など☆本で繋がる、老舗珈琲メーカーとのコラボ! 「本と珈琲」をテーマに、和田珈琲×丸善名古屋本店オリジナルブレンドを作成。
専門書や資格の本で頭を使った時やリフレッシュしたい人にはソフトブレンドを、
長編小説など時間をかけて本を読むときに酸味と柔らかさも併せ持つビターブレンドの二種類をご準備します。
一杯売りから、コーヒー豆も販売します。開催日:2017年10月28日(土)、29日(日)時間:10時から19時まで(最終日は17時)場所:丸善 名古屋本店 1階外 側道路WEB:https://honto.jp/store/news/detail_041000023194.html?shgcd=HB300